ガクヤブログ

ウェーイ作ってるかーい!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円いプラ板作りましょう

では、リクエストもあったことですので(えーたさんかながわさんアリガトウ!)、リューターを使った丸いプラ板の作り方を記したいと思います。


警告!!
この工作は、回転工具を使用するため、結構危険です。
実際に作業を行う方は、自己責任において、安全に十分留意してください。
モーターツールを使うときは、保護メガネは必ずかけましょう!!



まず僕の使ってるモーターツールのご紹介。
リョービ HR-100

リョービのHR-100、ホビールーターという機種です。
もうかれこれ7年以上使ってますw
スピードコントロールが8000~23000まで可変可能、結構トルクもあります。軸ブレも模型用として使うには必要十分な精度ではないでしょうか。てか軸ブレを感じたことが無いですw
先端ビットはコレットの交換により2.33ミリの汎用ビットから3ミリの大径ビットまで使用可能です。
類似機種か、これと同じものは今でもDIYショップなどで手に入ると思います。たった今ヤフオクで調べたら、送料込み7410円で出てましたw
ちょっと手に持って使うには重いと感じる人もいるかもしれません。僕はもうこの重さに慣れましたが。


と、どこにでもあるリューターですw
プラ板加工は以下続きをドゾ。




さてさて、本題のプラ板丸加工です。

まず、プラ板にディバイダーで円をケガキます。
けがいて穴あけ

今回は直径14ミリとしました。
ケガいたら中心に2ミリの穴を開けます。
出来れば1.9ミリくらいで開けておくと、この後の作業でブレが生じにくいのでなお良いと思います。
ケガいた線には、シャーペンでなぞってくっきりさせておくといいでしょう。

次にニッパーで粗切りをします。
ニッパーで粗切り

ケガキ線の外側ギリギリくらいを、出切るだけ近似円になるように切っていきます。

続いてリューターに取り付けます。
丸鋸やダイヤモンドカッターを使うときに使用する、アーバーと呼ばれるものにプラ板をセットします。
アーバー



リューターに取り付けたところ。
アーバーを使って取り付け

そしてリューターを一番低速で回しながら、ヤスリを当てて円を整形していくだけです。
ヤスリはよく削れるものを使いましょう。力いっぱい押し当てるのではなく、もうホントに当ててるだけのような感じで削るとうまくいきます。
途中途中で寸法を確認しながら削りましょう。思わず削りすぎることも(僕は)よくありますw


完成したものがこちら。
ぴったり!?14mm!!

若干でかいですw14.1mmありますねww


と、まぁ非常に分かりにくい説明で恐縮でしたが、大体の流れはわかるのではないかな、と。
多分、みんなご存知なやり方でしょうしもっとうまいやり方もたくさんあると思います、今回ご紹介したやり方も読まれた方の何かの参考になれば幸いです。


次回予告w
オマケ!?

電動ドリルで削る!段落ち部分の作り方!w

公開はいつかまたw
Comments
 
おお!ホントでかい(でもないか)。
~23000rpmなら充分ですね。
ドレメルだけが全てじゃないんですよね。
次回購入の選択肢が増えただけでも収穫です♪

にしても粗切りの精度のいい事にビックリ!!
この辺が軸ブレ含めた道具の寿命に反映かと(反省

作業アップ、、、あざ~したッ!!
 
おぉ~とても参考になりました!
かながわさんも書いてますが、粗切りの精度ホンとに綺麗ですね(驚
次回も参考になりそう・・・ワクワクww
 
こんばんわ。
なるほどですね。やっぱスピードは変えれるほうがいいですね。
これは必須条件だな。メモメモです。感謝!

以前にも私のとこのブログでリューターの質問をしてて
速度が変えれて、AC電源ってのがいいかなと
思ってまして、ただ機種がいろいろあって、
結局、まだ買ってないんです。値段もあるしね。
てことで、こうして画像つきで、教えていただけて
うれしいです!

てことで、今後は段落ちを楽しみにしてます♪
 
かながわさん>結構でかいですw
プラを削るのであれば、23000rpmは完全にオーバースペックですね(汗)溶けちゃう溶けちゃうw
ドレメルとか、欲しいけど全く手が出ないのでホームセンター巡ってよさげな安物漁ってますw
粗切り、ここがこの円作製の肝なのでちょっと気を遣って切ってます(汗
精度は~~~、あんまりよくないかもw

bossさん>精度いいですかね、ありがとうございます(^^
次回はまたその工作が必要になったときに上げますね。
今回はこの記事用に意味もなく円を作っちゃったw

えーたさん>スピード変えれるのもですが、トルクと軸精度も重要ですね。
どこまでモーターツールを使うかにもよると思いますよ!!
僕のもっているコレは、筐体が大きくて重いのを除けば(かなりネックかもねw)かなりお勧めです。
段落ちは気長~~~お待ちくださいね(汗
 
むっちゃ参考になりましたよーっ!
聞けば納得ですが、なかなか気付かない工作法ですね。

段オチも加工も楽しみです!
バーニアの薄々加工もよろしく!(^ ー^)ノ
 
実は、うちにもリューター無いんですよぉ~^^;
復帰してから、製作数も少ないので・・・
とりあえず、クレオスの電池のやつはあるんですが・・・
ブレブレですけどね(苦

ちょっと購入考えよ!!

で、メールありがとう御座いました!
ってか、絶対作れない予感(笑
あれ付けたら、フリッパじゃなくね?(笑
 
MAEさん>やってみると意外にいろいろ出来るもんですよね(^^
2,3枚重ねて整形すると一気に複数枚作れたりもします。
ぶっちゃけ、プラ材から回転物を削りだすには、手加工の場合だとリューターではちょっと速度が速すぎますw
電動ドリルの低速くらいが一番ちょうどいいかな??
段落ち、近いうちにやりましょうかね・・・
全然大したことはないので、期待が大きすぎても困ります(汗w

りりももさん>ねーー、あの画像は参考にならなかったでしょw
あれはナシですわ・・・。
軸ブレはある程度抑えられたもののほうがいいでしょうね、重切削などのときにもブレがあると削りにくいですし・・・。
あれば便利ですよね、リューター。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

学屋

Author:学屋
なかなか完成しない・・・゚(゚´Д`゚)゚。

FC2カウンター
模型イベント
chibashibo_deforme_S.jpg
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

GALLERY






















































































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。